【日記】2021年2月12日 動画編集用にiPad Air 4を注文。

日記
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、しんたろうです。

先日初めてGoPro HERO 9で撮影し、それを編集しました。

2021/02/10 石垣島 VLog

これは全てiPhoneのGoproアプリを使用したのですが、スマホだけでそこそこの動画が比較的簡単に作れて驚きました。

動画編集というとハイスペックのPCの前に座って何時間も睨めっこしながら作るものだと思っていたからです。

Gopro HERO 9を買って動画編集を始めるにあたって元々PC自体を買い換えようかなと考えていました。

今使っているのは5年くらい前に買ったWindowsのもので、1度動画編集ソフトを立ち上げてみたのですがかなり動作が重くて使い物になりませんでした。

やはり動画編集といえばMacですので、Apple製品のPCを買おうかなと考えていました。

最近まで僕の中で最有力候補だったのはMac miniでした。

Mac mini
Mac miniはApple M1チップを搭載。このチップは8コアCPU、8コアGPU、ユニファイドメモリ、Neural Engine、様々な機械学習テクノロジーを持ち、Wi-Fi 6などにも対応します。

2020年に発売されたばかりでApple独自の高性能なCPUが売りの製品です。

iMacやMacBookよりも高性能ですがディスプレイやキーボードが無いので安価で手に入ります。

ディスプレイなどの周辺機器は既に持っているのでそれを流用してしまえば良いと考えていました。

しかし、実際にスマホの動画編集アプリを使ってみた感想として、スマホでここまで出来るならタブレットを買う方が総合的に満足度が高いのではないかと思い始めました。

iMac miniを買った場合、動画編集をするためにはいちいちディスプレイを繋ぎ直して作業をするという手順を踏まなければならないと予想されます。

僕の性格上、そういう煩わしい工程が入ると途端に動画編集に対する意欲が無くなると考えました。

その点タブレットであればPCはそのままで良いですし、持ち運びも便利です。

最初は持ち運びは考慮していなかったのですが、スマホで寝転びながら動画編集をしていて気が変わりました。

やはり場所を問わず編集できるというのは利便性が高そうです。

夜勤中なんかは暇ですし、その時間を有効活用できれば素敵だなと思い直しました。

あとはどのiPadを買うかです。

機能面とディスプレイの大きさを考慮してiPad proかiPad Airで最後まで悩みました。

様々な人の比較レビューを見た限り、動画編集における快適さは大差ないという意見が多かったです。

残る違いはディスプレイの大きさと値段です。

iPad proの方がサイズは大きいですがiPad Airに比べて2万円以上高くなります。

正直僕がどこまで動画編集が続くかは未知数なので、値段は安く抑えたい。

ということで結局安さをとってiPad Airに決めました

iPad Air
新しいiPad Airは、オールスクリーンのデザイン。10.9インチのディスプレイとM1チップを搭載し、センターフレームも使えます。Apple PencilとMagic Keyboardに対応。5つのカラーから選べます。

タブレットでの編集に物足りなさを感じるようになるくらいのレベルになった場合はMac miniに手を出すのかなと思います。

Gopro HERO 9、iPad Airと立て続けに散財してしまったので宝の持ち腐れにならないように頑張っていきたいと思います。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました